その姿からは想像出来ない程の荒くれ者【効果的なイタチ駆除の方法】

被害の種類と原因について

作業者

イタチによる被害で困り、イタチ駆除を依頼する方は多いと思います。イタチは民家の天井裏や床下に侵入し、そこに棲みつくことで被害を拡大させています。これらは農作物を荒らすので、農家の方にとっては生活基盤を脅かされる生き物として認識されています。また、池で飼っていた鯉がエサとして食べられたという被害も続出しています。ペットとして大切な鯉を食べられてしまった方は、大変ショックを受けたようです。また、酪農家の方にも被害が及んでいます。小屋で飼っていたニワトリが、イタチによって食べられるということがあるようです。酪農家にとってニワトリは卵を産んでくれる貴重な家畜なので、これを食べられると収入が減ってしまいます。これらはイタチ駆除の対象となりますが、そもそもなぜこのような民家にいるのかが分かってきています。代表的なイタチであるニホンイタチは、もともと日本全国に生息しています。しかし、最近はシベリアイタチが都心部に進出し、ニホンイタチは山間部に追いやられていったとされています。また、東日本ではシベリアイタチが生息していないため、山間部に追いやったのはイタチ駆除を行なった人間だとも言われています。これらが民家に侵入し、被害をもたらしているのです。民家の屋根裏に生息するイタチですが、これらを呼び寄せる原因として生ゴミなどを蓋を閉めずに玄関で置きっぱなしにしていることだとの指摘があります。これら生ゴミを漁る行為はイタチ駆除の対象となりますので、見かけた方は業者に連絡してみるといいでしょう。