その姿からは想像出来ない程の荒くれ者【効果的なイタチ駆除の方法】

事前事後に気を付けること

男性

イタチ駆除をするときは、いくつか注意点があります。代表的な捕獲方法として捕獲ゲージを使用することがあると思います。捕獲ゲージを使用するときは、自分の所有地であることを確認することが大切です。他人の私有地でこのような罠をはることはできません。また、狩猟免許を持った者以外は、狩猟法に定められた狩猟期間を守る必要があります。それを守らない限り、このような捕獲ゲージを使用することはできないので、気を付けましょう。また、メスのイタチはそもそもイタチ駆除の対象になりません。メスは狩猟獣として分類されていないので、間違ってメスを捕獲しないように注意することが大切です。

イタチ駆除が終了して民家から追い出した後も、注意することがあります。まず、イタチのフンや巣は残らず掃除するようにしましょう。イタチは賢い動物のため、人間でいうところのトイレのように、決められた場所にフンを排出します。これらフンを放置しておくと、悪臭が蔓延する恐れがあります。蔓延した悪臭は、民家や人間に害をもたらす虫を呼び寄せるので、早急に撤去するようにしましょう。また、イタチはこれらフンの臭いを印にして、縄張りを形成します。そのため、この臭いを辿ってイタチが戻ってくる可能性があります。せっかくイタチ駆除をしたのに戻ってきては、意味がありません。そのため、イタチが出て行った後は必ずフンを掃除するようにしましょう。屋根裏などに臭いが染み付いているときは、状態にもよりますが屋根裏の機材ごと取り替える必要が出てきます。